井戸工事・井戸のメンテナンスに関するよくあるご質問 岡山県の井戸工事なら山陽地研

弊社によくお寄せいただくご質問をまとめました。
下記の他にご質問のある方はお電話または
お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

井戸工事に
関するご質問

QUESTIONS RELATED TO WELL CONSTRUCTIONS

どのくらいの深さを掘りますか
お客様の用途によって、必要水量が異なりますのでその都度協議致します。
井戸用の土地はどのくらい必要ですか
ポンプを設置した後のスペースはマンホール1つ分位です。
工事のための作業スペースは5m×5m程度必要となります。
水は必ず出ますか
残念ながら、必ず出るとはお約束できません。
近隣データももちろん参考に致しますが、断言できないのが井戸の難しい所です。
ですが、40年の実績で積み重ねた経験をもってお客様のご要望にお応えできるよう努力致します。
水が出なかった場合はどうなりますか
大変申し訳ございませんが、工事にかかった実費をいただきます。
工場用に使用したいと思いますがどのようなメリットがありますか
工場では使用する水量も多いと思われます。1番のメリットはやはり水道代の大幅削減です。
他にも夏場の工場の冷却機用の水源として活用されている企業様もいらっしゃいます。
飲食の業務用に使用することができますか
もちろんです。ただしその場合、水質検査で飲料用として認められたものに限ります。
水質によってはろ過装置等の導入もご検討いただけたらと思います。
岡山県外からもお願いすることができますか
もちろんです。弊社は北九州や近畿でも仕事をさせていただいております。
ただし、運送費が運送距離に反映するので、お見積り金額が高くなることをご理解いただけたら幸いです。

井戸のメンテナンス/
管理に関するご質問

QUESTIONS RELATED TO WELL MAINTENANCE & MANAGEMENT

現在使用していない井戸があるのですが使えるようにしていただけますか
もちろんです。まずは現地に出向き、現状を把握させていただきます。そのうえで、メンテナンス方法・費用面を協議して工事を行います。
井戸の耐久年数はどのくらいですか
定期的にメンテナンスを行えば、井戸自体は半永久的に使用可能です。
(*自然環境の変化で水が枯渇する事も、稀ですがあります)
ただし、ポンプなどの消耗品につきましては随時交換していただかなくてはなりません。
メンテナンス/管理に費用は年間どのくらいかかりますか
深度、孔径、使用ポンプの種類によって異なってきます。井戸工事に入る前に、しっかり協議させていただきます。
水が出なくなることはありますか
まず、地中に通している管の目詰まり。自然環境の変化で水源が枯渇する事も考えられます。
井戸水は自然の恵みでもありますが、同時に自然相手の事であります。色々な条件で水が出なくなることも無いとは言い切れません。その為に、定期メンテナンス・管理は必要かと思います。
今ある手動のポンプを電動ポンプに変えたいのですが
可能です。井戸の大きさ(径)及び深さに応じてポンプの選定ができます。
水量が減ってきたのですが
井戸管(ストレーナ)が目詰まりしている可能性があります。時間毎の水量を調べて、その結果に応じて対策を検討します。
古い井戸を再び使用できますか
井戸の種類により可能です。ただし、鉄管等が入っている場合、腐食の可能性もあるので事前に調べた方がいいと思います。
水質が悪いのですが
使用用途に応じて、除鉄機・除マンガン機等あります。ただし、機具によっては大変高価な物もありますので一度ご確認の上、ご相談下さい。
水に砂が混じってきたのですが
水位が低下した為、砂が入ってきているのかもしれません。井戸内の洗浄で改善する場合もありますが、それでも改善しない場合は設備の見直しも必要かと思います。